• ユーザ—登録
  • 加工メニュー
  • S-WAVEネットワークラボ
  • ご注文方法
  • 料金・納期・ご請求
  • 製品証明書
  • 製作規定書
  • 注文書

カスタムアバットメント

発注方法

カスタムアバットメントは、大きく分けてフルオーダータイプとセミオーダータイプの2種類から選択していただけます。

製作規定書(カスタムアバットメント用)

加工メニュー

フルオーダータイプ

患者さまの症例に応じて、フルオーダーで製作します。

●チタンアバットメント

純チタンより強度の高いチタン合金を使用して製作します。ナロータイプのアバットメントにも対応可能です。

●ジルコニア 2ピースアバットメント

チタン合金とジルコニアで製作した接着タイプの2ピースアバットメントです。
角化粘膜部分からジルコニアで製作することで、より自然な色調再現が可能です。

●2ピースアバットメントクラウン

チタン合金とジルコニアもしくはハイブリッドセラミックで製作した接着タイプの2ピースアバットメントです。
ジルコニアは松風ディスクZR-SSルーセント、松風ディスクZR-SSカラードからお選びいただけます。
※チタンベースとクラウン(ジルコニア、ハイブリッドセラミックス)は技工所様で接着をお願いします。推奨:レジセム(松風)

ジルコニア
2ピースアバットメントクラウン
ハイブリッド
2ピースアバットメントクラウン

歯科技工指示書(フルオーダータイプ用)

セミオーダータイプ

模型製作、WAXアップの必要もありません。発注は技工指示書の選択項目にチェックを入れてFAXするだけです。メーカー既製のアバットメントでは少し難しく、フルオーダーまでも必要としないケースに最適です。

●スキャロップアバットタイプ/スキャロップアバトスリムタイプ

  • 角化粘膜厚みが頰(唇)側、舌側、近心、遠心それぞれで選択可能です。
  • 支台傾斜方向もA面、B面が選択できるため、複数本の症例で方向が異なる埋入の場合でも使用できます。
  • ノーマルタイプは4°、スリムタイプは2°で設計しています。

①~④マージンライン半径(舌側、頬側、近心、遠心)
⑤支台高さ
⑥角化粘膜形態
⑦支台傾斜方向
⑧~⑪角化粘膜厚み(舌側、頬側、近心、遠心)
⑫~⑮支台傾斜角度(舌側、頬側、近心、遠心)

歯科技工指示書(スキャロップアバット/スキャロップアバットスリムタイプ)

●ヒーリングタイプ

  1. マージンライン直径(mm)
  2. 支台/ベース高さ(mm)
  3. 角化粘膜形態
  4. 角化粘膜厚み(mm)
  5. 支台/ベース間隔
  6. 支台/ベース傾斜角度
  7. 支台/ベース傾斜方向

SH形態A部はインプラント直径と同サイズで立ち上がるため骨縁下埋入でも骨への影響を最小限に抑えることができます。

歯科技工指示書(ヒーリングタイプ)

●チタンベースタイプ

アバットメントやアバットメントクラウンのベース部に使用します。

  1. マージンライン直径(mm)
  2. ベース高さ(mm)
  3. 角化粘膜形態
  4. 角化粘膜厚み(mm)
  5. ベース形状
  6. ベース厚み(mm)

歯科技工指示書(チタンベース)

●テーパードチタンベースタイプ/テーパードチタンベーススリムタイプ

テーパードチタンベースタイプ

テーパードチタンベーススリムタイプ

  1. マージンライン直径(mm)
  2. 支台/ベース高さ(mm)
  3. 角化粘膜形態
  4. 角化粘膜厚み(mm)
  5. ベース傾斜角度
  6. ベース傾斜方向
  7. テーパー角度(度)

歯科技工指示書(テーパードチタンベースタイプ/テーパードチタンベーススリムタイプ)

●チタンベース For CERECタイプ

デンツプライシロナ社のinCoris ZI meso ブロックに対応したチタンベースを製作します。

  1. 角化粘膜形態
  2. 角化粘膜厚み(mm)

歯科技工指示書(チタンベース For CERECタイプ)

●ベースシリンダータイプ

当センターセグタイプにも既製品にも使用可能なベースシリンダータイプをご用意しています。
ベース部形状はストレートとテーパータイプをラインナップしており、単冠からブリッジまで幅広い症例に対応できます。

  1. ベース直径(mm)
  2. ベース高さ(mm)
  3. ベース傾斜角度
  4. ベース傾斜方向
  5. テーパー角度(度)

歯科技工指示書(ベースシリンダータイプ)

●セグベースタイプ

アバットメントレベル用のアバットメントです。

  1. 角化粘膜形態
  2. 角化粘膜厚み(mm)
  3. ヘッド形態

歯科技工指示書(セグベースタイプ)

●ODベースタイプ

インプラントオーバーデンチャーの支台やクローズドトレー法の印象用支台としてご使用いただけます。デンチャー及び印象側には、ベース形状に適合する既製品(医療機器)を使用することも可能です。

  1. 角化粘膜形態
  2. 角化粘膜厚み(mm)
  3. ベース傾斜角度(度)
  4. ベース傾斜方向
  5. ヘッド形態

歯科技工指示書(ODベースタイプ)

【カスタムアバットメント対応表】

製作規定書をご覧ください

ページ上部へ戻る